在籍確認カードローン審査で職場連絡なしでキャッシングできるところ お金借りれるのは?

在籍確認カードローン審査で職場連絡なしでキャッシングできるところ お金借りれるのは?

 

カードローンの宣伝を見かける事多くなっている人の中にはカードローンは便利なのか、どのようなローンなのか、どこで借りる事が出来るのかなど、疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。

 

カードローンは所定の審査を受ける事でお金を貸して貰えるローン商品です。

 

カードローンと似ているローン商品にフリーローンがあります。

 

似ていると言う理由は、お金の使い道がどちらも原則自由である事、保証人や担保などがなくても申し込める、しかも年収証明書類が要らないなどの共通点があるからです。
但し、年収証明書は申し込み金額に応じて必要になる事もあるので、証明書類の提出をせずに申し込みをしたい人は、事前に調べておくのがお勧めです。

 

年収証明書類で審査が行われた場合、自分の年収が少ないため審査に落ちてしまうかもしれないなどの不安を持つ人が多くいます。

 

しかし、銀行のカードローンなどの場合は、300万円まで、400万円までは年収証明書類の提出が不要になっているケースが多いので、書類提出が必要な金額を調べておけば安心です。

 

消費者金融の場合は、50万円以上の申し込みの時や他社借入を持つ人は申し込み額と借入額の合計が100万円を超えた場合には必ず年収証明書類を提出しなければなりません。

 

これは消費者金融などの貸し銀業者に対する規制でもある総量規制の中で義務付が行われているからです。

 

 

その点を注意しておけば、年収証明書を用意せずに審査を受ける事が出来ますし、例え年収が少なくても便利なカードローンを利用出来るわけです。

 

カードローンは繰り返しお金を融資して貰えるなどの特徴があります。

 

 

 

フリーローンの場合は利用額を越えた場合には融資を受ける事は出来ません。

 

これは住宅ローンなどと同じで、決められた金額だけ融資を行っているからです。

 

しかし、カードローンは返済を行って利用額を戻すと、戻した金額だけ、申し込みや契約を結ぶ事なくお金を借りる事が出来るようになっています。

 

例えば、50万円を借りて50万円全額を使った後、50万円全額を返済すると再び50万円分のお金を借りる事が出来ます。

 

これは、満期となるまで継続して利用する事が出来るので、まとまったお金を借りたい時にも便利ですし、計画的に利用すれば常に申し込み時の利用限度額の範囲でお金を借りる事が出来る条件を作り出せます。

 

便利なカードローンではありますが、利用するためには審査を受けなければなりません。

 

審査基準は消費者金融や銀行、信用金庫などそれぞれの会社毎に異なりますし、銀行や信用金庫には幾つかのカードローンを用意しており、種類に応じて審査基準も様々です。

 

 

例えば、前年度の年収や勤続年数に関係なく申し込みが出来るカードローン、前年度の年収が500万円以上、勤続年数が4年以上などのような条件が付いているカードローンもあります。

 

年金を受け取っている人の場合、年金受給を収入とみなしているケースと年収とは別に考えているケースがあるので、利用出来るカードローンの種類が限られてしまいます。

 

但し、信用金庫などのカードローンの中には年金受給者専用のカードローンも用意してあるので、カードローンを利用したい人にお勧めです。

 

審査は個人信用情報や申込書、本人確認書類や年収証明書類などで行われますが、もう一つ審査基準となるのが在籍確認です。

 

ネットの情報サイトの中などでも在籍確認についての情報が明記してあるケースが多くありますが、在籍確認は勤務先への電話連絡です。

 

勤務先に在籍していると言う事は申込書に書いてある内容が正しいと判断が行われます。

 

それと、勤め先にいると言う事は金額に関係なく収入を持っているなどの証にもなるわけです。

 

在籍確認は会社に電話が入るので、大半の人が嫌だと感じるケースが多くありますが、この勤務先連絡は必ず行われるとも言われています。

 

但し、社員証や直近の給料明細書などの書類を提出する事で在籍確認が行われる事なく、申し込みが出来て、カードローンを使える方法もあります。

 

すべての会社がこうした対応をしてくれるわけではありませんが、在籍確認なしで申し込みが出来るケースもあるわけです。

 

ちなみに、会社に電話連絡をして来る時に、銀行の名前や消費者金融の社名で電話が来れば、取り次いでくれた人に知られてしまいます。

 

そのため、電話連絡は個人名で電話をしてくれるようになっています。

 

中には別の社名で電話をしてくる所もありますが、カードローンのサービスを提供している社名を名乗りませんので安心です。

 

尚、電話の内容は本人が在籍している事が分かれば、修了となるので、仮に自分が外出していて、電話に出る事が出来ない場合でも確認作業は完了になるケースが多くありますし、事前に電話をかけてもらう時間を相談出来る所もあります。

 

電話連絡なしで行う方法もゼロではないので、情報サイトなどを利用して便利な方法を探すのがお勧めです。

 

 

 

在籍確認なしカードローン

 

在籍確認はカードローン審査である?

 

カードローン電話なし